夏の合宿ダイエットが効果的な理由とその注意点

夏になると食欲減退で体重が落ちる人がいますが、それを利用して夏の間にダイエット合宿を行っているところもあります。

夏のダイエット合宿とは?

裸, ビーチ, 破る, 穏やかな, 寒さ, 落ち着く, 海岸, 海岸線, 楽しみ

ダイエット合宿とは、数日間ホテルに泊まり込みその中でダイエット行い数日後には体重が落ちているというものです。

合宿中に行うダイエットの種類は様々ですが、最近はファスティングのダイエットがはやっているのが特徴になります。

ファスティングとはいわゆる断食のことですが、全く飲み物を飲まないわけではなく液体のスムージーのようなものを飲む程度で、あとはその期間に運動を行い体重を落としていくことになるでしょう。

2週間から3週間ほどのダイエットであれば本格的に脂肪を落とすことができますが、わずか二日から三日程度しか滞在しない場合は体重が落ちたとしても脂肪が落ちているとは限りません。

実は、短期間の間に体重が落ちている場合の多くは水分が落ちているだけだからです。

逆に言えば、わずか1日で体重が1キロ増えてしまう人もいますが、これは食べ物と水分のせいになります。

夏の体重減少は脂肪燃焼ではなかった!?

体育室, フィットネス, 機器, 心血管の練習, 楕円形の自転車

本来いくらたくさん食べたとしても数キロの脂肪がわずか1日や2日でつくわけがないです。

逆にダイエットをする場合も1日は2日で1キロ以上の脂肪が燃焼され消えていくことはあまり考えられません。

ですが2週間から3週間程度の長期的な合宿であれば脂肪が燃焼されている可能性も高くなるでしょう。

仮にファスティングだけで2キロから3キロ落ちたとしても、ぬか喜びをしてはいけないことがわかるでしょう。

つまり普通に食事をしていない分、消化に必要な水分を必要としなくなるため水を飲んでないことになります。

そのため通常よりも体の中の水分が少なくなるためそれが体重計の数字に表れます。

裏を返せば、簡単に体重が増えてしまう可能性があるわけです。

確実に身体から脂肪がなくなったといえるためには一つのことを長期的に行うことが必要ですので、合宿が終わったからといって安心せずそのまま継続して自分でも合宿の続きを行ってみるべきです。

コメントは受け付けていません。