ファスティング期間中に飴を食べても良いのでしょうか?

ファスティング 飴の画像:https://cardiffopenstudios.com

ファスティングは概ね数日から1週間程度の短期間に断食を集中的に行う事で、元々はヨガの修行や病気の自然治癒を促す方法のひとつでしたが、現代ではその優れた手法にダイエット効果やデトックス効果を求めてチャレンジする方も増えています。

ファスティングは無理のない範囲で行うことが重要!

若い女性, 女性, 海, オーシャン, 白いドレス, ビーチ, 結婚式, 花嫁

ファスティングによりカロリーや糖質が制限される事で体重や脂肪の減少が期待できるのはもちろんのこと、内臓が休む期間を作る事によって通常は消化に費やされていたエネルギーを新陳代謝に回す事ができるためデトックス効果や免疫力の向上も期待できます。

現代のファスティングは修行のようなストイックなものとは違い、健康を損なわず日常生活やお仕事などに影響の無い範囲で無理せず行う事が大切で、一切何も食べない事を徹底する方法の他に最低限必要な栄養素をサプリメントなどで摂取したり水分補給をしながら少しずつ身体を慣らして行く方法もあります。

しかし、いずれの方法においてもそれまで自身の好きなように飲んだり食べたりしていた方が急に全く何も口にしなくなるという行為は心身ともにさまざまな影響を与えます。

ファスティング中の症状について

動揺, 狂牛病, 泣いている, 女性, 悲しい, パニック, 大人, 若いです

最も良くある症状に血糖値が急激に下った事が原因で頭痛が発生する事があげられます。

もちろんこれはファスティングの一定の効果が現れている証拠で、血糖値の下がった状態に身体が慣れて来れば徐々に頭痛の症状は治まります。

ただし、元々血糖値が低い体質の方やファスティングを始めたばかりで身体が順応するまで時間が掛かる場合は、頭痛が長期にわたり耐えられない痛みを感じるケースも少なくありません。

この段階で決して無理をせずに糖分を補給したいところですが、ここで注意したいのが急に糖分を摂取してしまうのも身体に負担を掛けてしまうという事です。

そんな時には、少量の飴を食べて糖分補給をするという方法があります。

できるだけ粒が小さくてやわらかな甘さのある飴を口の中でゆっくり溶かす事を意識しながら少しずつ食べていくのがポイントです。

コメントは受け付けていません。