ファスティングの動悸は本当に好転反応なのでしょうか?

ファスティング 動悸の画像:https://cardiffopenstudios.com

ファスティングをしていると動悸や立ちくらみを感じてしまい、体調不良になる事がありますが、これは体調不良と言う訳ではなく、体に溜まっている毒素が体外に放出されている際に起こる好転反応になります。

ファスティング中の好転反応とは?

猫, 二日酔い, 不機嫌, 気分, 悪い, 肖像画, 顔, 口ひげ, ひげ

ファスティングをしていて動悸や立ちくらみなど起こらないと好転反応が出ていない事になり、ファスティングの効果を得ているとは言い切る事が出来ない状態になります。

ファスティングの好転反応である動悸を感じると単なる体調不良だと勘違いして、ファスティングを途中でやめる方も居られますが、そのままファスティングを続けても問題ありませんので、デトックスをする為にも途中で止めることはしないようにしましょう。

初めてファスティングを行う方は動悸などによる好転反応が出ると不安感を生じる方も居られますが、好転反応は体に悪いものではなく、むしろ体を良くするために出ているので安心して大丈夫です。

何度もファスティングをしている方は動悸などによる好転反応を何度も経験しているので、辛く感じる事もありませんし、不安に感じることもありません。

不安な場合は経験者に相談を!

フィードバック, アイデアの交換, ディベート, 議論, ディスカッション

もし好転反応が出て、不安に感じる事があれば、経験者に相談をするのも一つの手段です。

ある程度の経験者の方ならこの反応が正常な物であると正しく理解をしているので、わかりやすく説明してくれます。

誰にも相談をせずに知識がない状態で好転反応が出てしまうと病気になったのではないかと勘違いされがちですが、動悸などによる好転反応と病気は全く別物になりますので心配する必要はありません。

何度も続けていく内に慣れてくるので、初めの頃に感じた不安感もなくなります。

自分が一度経験すると他の友人や知り合いが不安になっている時でも説明してあげる事ができるので、動悸が起きても冷静になる事ができるはずです。

好転反応は聞き慣れない言葉ですし、まだまだ浸透されていない物にもなりますので、知識を深めるようにすると安心する事ができます。

コメントは受け付けていません。